こころとからだとエネルギーの不思議さを綴る

あなたのこころと、あなたに内在するエネルギーを整え高めてゆくと、人生は誰もが好転化させることができる。こころの分野・スピリチュアル分野を、スピリット(魂)から受け取ったまま感じたままに面白く書いてます。

お守りや、パワーストーン(開運アイテム)を持つことに対する疑問を解消します

神社仏閣で購入されたお守りや、パワーストーン等の開運アイテムといわれているものを身につけてらっしゃる方々からご質問を受けることがあります。

 

「私は、○○を身につけているのですが、意味があると思いますか?」

というご質問です。

 

無意味なことはないです。

 

というより、ご購入されたあなたのお気持ちに意図があって身につけてらっしゃるのでしょうから、意味はあるといえるでしょう。

 

ただし、どのような意味づけをしているかによって、身につけることが良い流れを生むのか、逆に停滞を生じさせるのか、二手に分かれてしまいます。

 

神社仏閣でのお守りは、波動エネルギーが高いです。

パワーストーン自体も、波動エネルギーは高いです。

 

ただし、身につける方が、

 

「これを身につけていても大丈夫なのかな?」

 

パワーストーンを身につけたはいいけど、浄化をしてあげれなかったら・・・」

 

「自分にこのお守りが合っていなかったらどうしよう・・・」

 

「う~ん・・・違和感を感じるけど、持ってたほうがいいと勧められたから、持ってたほうがいいのか・・・でも違和感が・・・」

 

という不安や、恐怖、焦り等を抱えながら身につけている場合は、どれだけ波動エネルギーが高いものを身につけたとしても、波動エネルギーが高まることはありません。

むしろ、停滞か下がることがあります。

 

不安、恐怖で身につけている場合は、

一度、身につけるのを保留にしてみて、

ご自身のこころが軽くなるのかどうかを試してみてはいかがでしょうか?

 

どうせ身につけるならば、

あなたが

 

「これは身につけたい!」

 

「身につけるだけでワクワクしそう」

 

「運気が上がっちゃいそう」

 

こころから喜べるものを選んだほうが人生的に良い流れを引き寄せます。

 

こころから喜べるものを選ぶ=その時点でエネルギーが高まるので、良い現実を引き寄せるようになるのです。

 

ただし、気に入って購入したものでも、だんだんと時間が経過すれば、

「あれっ、最近しっくり来ないな」

と感じることもあるでしょう。

 

たしかにお守りもパワーストーン等の開運アイテムも、エネルギーは限られているものなので、エネルギーが磨耗してくると違和感を感じることがあるのです。

 

または、あなたの波動エネルギー自体が高まったことにより、周波数が変わったことで合わなくなったのかもしれません。

 

その際は、神社仏閣でお守りを納めたり、

パワーストーン等は、しっかりプロの方に聞いて納めるとよいです。

 

※ちなみにパワーストーン等で人が気入れをして販売されている物を購入される場合は、本当に「相性が合うな」という方から購入してください。他人のエネルギーが強力に意図的に入り込んでいるものなので、良くも悪くも気入れをした方の影響を受け取ってしまうということがあるからです。

 

ちなみに、これはお守りや、開運アイテムだけにいえることではなく、

全てにおいていえることです。

 

洋服選びも、食材選びも、不安と恐怖で選んで購入すれば、

どれだけ素敵な服や、栄養価の高い食材を購入しても、

不安と恐怖で服を着たり、食べたりするので、

エネルギーが高まりにくいのです。

 

どうせ買うなら、そして毎日身につけるものなのであれば、

楽しんで選んでよいのです。

 

それが日々、あなたのエネルギーを着実に高め、人生が好転化していく大きなきっかけになることでしょう。

 

今まで以上にご縁ある方々に情報発信をしていければと思います。

当ブログが人気ブログランキングに参加しましたので、

下記をクリックして頂けると大変嬉しいです。

 

 いつも最後までお読み下さいましてありがとうございます。

 

こころとエネルギーを整えると誰でも人生を好転化することが出来る!!

【人生みちびらき相談】のご予約は下記から

☆ご予約は下記にて 

https://infini33.jimdo.com/ご予約-お問い合わせ/

 ☆電話 みちびらき相談は県外からの支持率NO,1

☆出張相談は東京・神奈川・京都・大阪・滋賀・愛知にて精力的に活動中。

TEL090-1396-1933

(相談セッション中はお電話に出ることができませんので上記のメールご予約が便利です)

 ☆詳細は当サロン公式ホームページにて