こころとからだとエネルギーの不思議さを綴る

あなたのこころと、あなたに内在するエネルギーを整え高めてゆくと、人生は誰もが好転化させることができる。こころの分野・スピリチュアル分野を、スピリット(魂)から受け取ったまま感じたままに面白く書いてます。

自分軸から迷子になってしまったとき。


先日のHSPの記事に関してのお問い合わせが、県内県外問わずとても多かったです。

たくさんの方がお読み下さったこと感謝申し上げます。


 と同時に、敏感体質でお悩みの方がどれ程多いのかということを改めて痛感した日でもありました。


 

今日の本題に入ります。


 僕は、今から10年前に自分のことだけを考えて(楽になりたい。敏感さを何とかしたい)様々な心理学セミナー・スピリチュアルセミナー・気功セミナー・整体セミナー・経営者自己啓発セミナー等、ありとあらゆる場所に足を運びました。


 

当時はサラリーマンでしたので、休みである土日のほとんどをセミナーの時間に当てていたわけです。


なのでお金も今では驚くほどの投資をしました。


 

だけど、色んなことを教わり、知識をどんどん頭に入れ込んだのですが、

なぜか逆に自分が余計にどんどん分からなくなっていってしまったんです。


 

「なんで!?」

「こんなにもお金と時間、努力をしてるのに、なんで余計に自分が分からなくなってくんだろう・・・」


激しく自分を責め続けました。


 

今では僕は当時の自分のことを『自分軸から迷子になった時期』

と名づけています。


 

向上させることや楽になりたいとの思いで頑張ったのに、

 

なぜか、どんどん自分が分からなくなる。

なぜか、どんどん自分が信じれなくなる。


 これじゃ意味があるどころか、かなり危ない状況になっていることになります。


 前記事で書きました

「参考にすることはあっても、決して傾倒するなよ」

と言ってくださった方に出会えたことで目を覚ませたから良かったのですが、

今考えればヒヤヒヤものです。


現在、僕のカウンセリングルームには、僕以上にスピリチュアルや心理学の知識を圧倒的に身につけてる方々がお越しになられてます。


 僕なんかより知識がぜんぜん豊富なんですよ。


 なのになぜか迷ってるんです。


 

他人の言うことを「それが全てなんだ」と傾倒してしまうと

自分の軸から外れて迷子になるのは当然といえば当然のことなのです。


 

特に敏感体質の方ほど、感受性が強いが故、

「あの人の言うことが私の全てだ。あの人は素晴らしい人で、あの人の言うことは全て正しいはずなのだから」と、いつの間にか引っ張られてしまっているという傾向が強いです


 その違和感に既に、心のどこかでお気付きなのであれば、あとは直感を信じて行動することで自分軸迷子の脱却の日は近いです。


 とは言っても、僕らは人間。


 自分を取り戻しても、また迷子になってしまうこともあるでしょう。


完璧にはなれませんから。


 

迷子になったらまた自分の軸を取り戻しましょう。


それを繰り返してゆくと、


迷子になったなりの体験、自分を取り戻したときの喜びの体験の全てが

貴重な経験や財産になるのですから。


 今日も最後までお読みくださいましてありがとうございました。

 

 あなたの繊細さ敏感さは強みに変わる!!

みちびらきカウンセリングのご予約は下記から

☆ご予約は下記にて

https://infini33.jimdo.com/ご予約-お問い合わせ/

 ☆お電話でのご予約

090-1396-1933

(カウンセリング中はお電話に出ることができませんので上記のメールご予約が便利です)

 ☆詳細は当サロン公式ホームページにて 

 

 

 

先日のHSPの記事に関してのお問い合わせが、県内県外共にとても多かったです。

たくさんの方がお読み下さったことに感謝申し上げます。

 

と同時に、敏感体質でお悩みの方がどれ程多いのかということを改めて痛感した日でもありました。

 

今日の本題に入ります。

 

僕は、今から10年前に自分のことだけを考えて(楽になりたい。敏感さを何とかしたい)様々な心理学セミナー・スピリチュアルセミナー・気功セミナー・整体セミナー・経営者自己啓発セミナー等、ありとあらゆる場所に足を運びました。

 

当時はサラリーマンでしたので、休みである土日のほとんどをセミナーの時間に当てていたわけです。

お金も今では驚くほどの投資をしました。

 

色んなことを教わり、知識をどんどん頭に入れ込んだのですが、なぜか逆に自分が余計にどんどん分からなくなっていってしまったんです。

 

「なんで!?」

「こんなにもお金と時間、努力をしてるのに、なんで余計に自分が分からなくなってくんだろう・・・」

激しく自分を責め続けました。

 

今では僕は当時の自分のことを『』