「敏感で辛い、繊細で生きにくい」という悩みが強みへと変わる!活かせる!!

福井県福井市でカウンセラーとして活動している。カウンセリングといっても、ちょっと変わっていて、心理学の技術だけでなく、相手方のエネルギーを感じ取り、抱えてる悩みからプラスの状況に持っていくスピリチュアル的サポートが得意。「その人本来の自信が取り戻される」「繊細・敏感を強みに変えてしまう」と各業界から定評を受けている。

「変化しなきゃ!!」の強い気持ちで焦りを生み出してしまうことがある。

時代の流れの移り変わりが激しい今日この頃。

 

日々いろんな物事が変化していきますよね。

 

人の心の中でもいろんな変化が押し寄せてきているようです。

「変化しなきゃ」

「早く何かを変えなきゃ。でも何を変えれば・・・」

と、成長する喜びよりも変化に追われているような気がします。

 

「一瞬にして心を変えたい。生き方を変えたい」との強い思いで、

さまざまな自己啓発セミナーに足を運び多額のお金を使ったのに

逆に、パワーを失い自分を見失った・・・

とカウンセリングルームに来所される方が近年増加しています。

 

「自己投資にお金を使い、そして他人にもお金を惜しまず出せば、しっかりまたお金がお金を呼んで返ってくるといわれました」

と相談者さんからお聞きしたことがあります。

愕然としました。

 

その言葉だけでは人が惑わされてしまうからです。

これだけでは現実的な視点からみても完全にバランスを見失ってしまいます。

 

変化ってそんな簡単なものじゃないですよね。

 

変化ってたくさんのパワーを使うものなのです。

 

ダイエットや筋トレを例に挙げてみましょう。

 

ダイエットや筋トレで、一瞬にして体重が減り、一瞬にして筋肉がつくということは不可能です。

むしろ効果を焦りすぎて、限界を超えたトレーニングをし続ければオーバートレーニングとなり変化の前に心身を壊してしまいます。

 

「一瞬」を求めるとリバウンドする道へと辿りやすくなります。

 

すると余計に自分を責め、

「今の方法は間違ってるんだ!!信じてたのに・・・」

「他の方法はないか!?誰か他に良い先生は!?」

たとえ違う方法を探して試しても、

焦って結果を出すのが癖になってると、

思うような結果がついてこないので、また他の方法を探して・・・。

の繰り返しが待っています。

そして次第に自分を見失うという方向性に向かってゆく。

 

これは僕は変化の迷子と勝手に名づけています。

 

じつは過去の僕も変化の迷子になった時がありました。

変化を求めすぎて、変化疲れと自分を見失うことが多々ありました。

 

なのでそのような方が来所されたときには

「ですよね~」とお気持ちがよく分かります。

 

変化を急ぎすぎても、僕らにホメオスタシスの機能があるので、そう簡単には変われないようになっているのです。

ホメオスタシスとは生物および鉱物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向のことである。(ウィキペディアより抜粋)

 

何かを変えたいならば、「一瞬にして」というのではなく、

「徐々に」変えてゆくほうがよっぽど近道なのです。

 

「変化しなきゃ!!」

「早く変わらなきゃ!!」

 

ちょっと待ってください。

もしも焦ってるのであれば

一息つきましょう。

落ち着きましょう。

 

これが本当に大事なんです。

 

今日も最後までお読みくださいましてありがとうございました。

 

心理とスピリチュアルのカウンセリングは