全てはネガティブ思考から始まった。それでも人生は変えられる!!

心理学・スピリチュアル・東洋医学の観点から、様々なお悩みを解放してゆく。福井県発、現在全国展開活動中のカウンセラーのブログです

何を考えているかが分からないと感じる時

「何を悩んでいるのかが分からない」

 
「何をしていても楽しめない」
 
こういった気持ちになるとき、不安になります。
早く打破しなければと焦る気持ちにもなります。
 
ストレスがパンパンに溜まった状態になると、ストレスフルから脳も身体も心もフリーズ(固まる)状態になるのです。
 
フリーズ状態になる。焦る。不安になる。
だから悪いのではないのです。
 
人間であればいっぱいいっぱいの状態になれば誰しもそのようになります。
 
パソコンでフリーズ状態を経験したことありませんか?
そのような時、どうやって対処していますか?
 
パソコンを叩きますか?
 
「役立たずのパソコンめ!!」と罵声を浴びせますか?
 
冷静にパソコンの電源を切ってみたりフリーズ状態が自然に解消されるのをしばらく待ってみますか?
 
専門家に問い合わせてみますか?
 
 
いろんな対処法が十人十色ありますが、
対処の仕方ひとつで、流れというものは随分変わるものです。
 
今回はパソコンをたとえにしてみました。
 
 
最後までお読みくださいましてありがとうございました。